公益社団法人 日本仲裁人協会 / Japan Association of Arbitrators (JAA)

公益社団法人 日本仲裁人協会 公式サイトへようこそ

公益社団法人日本仲裁人協会は、2003年に任意団体として発足し、一般社団法人を経て、2016年公益社団法人として承認され、現在に至っています。仲裁・調停の法律研究、その技術の研さん、ひいては優れた仲裁・調停実務家の養成を目的に掲げ、その結果、日本に優れた仲裁調停制度を整備して内外の紛争解決に力を発揮することを期待されてきました。

日本仲裁人協会は、今や多くの著名な仲裁法律家を擁し、多数の若手実務家を引き付けて、社会の期待に応えうる大きなパワーになっています。しかし、国内における仲裁件数ということでは、未だブレークしたとまでは言えませんが、2018年、日本国際紛争解決センターや日本国際調停センター京都の華々しい開設により、その業務環境は一新したとも言えます。

社会の関心と信頼が徐々に国際仲裁に集まっているのです。日本仲裁人協会は、このモメンタムを見逃すことなく、日本社会の国際化に貢献する仲裁と調停の制度整備に一層の努力をしていきたいと思います。

» Key Note Speech by the JAA President, Akira Kawamura, at Keio Law School’s Symposium on Growing International Arbitration in Japan (12/15/18)

最近のお知らせ